strawberry×strawberry

Top
いちにちはやい、バレンタインデー♥ kawaii
2012年 02月 13日 |

a0206588_20435630.jpg


一日早いですが、バレンタインスイーツを作りました(*^^*)






a0206588_20462949.jpg


今年は¨かわいいかんじ¨のスイーツにしたいな~と思って

ホワイトチョコを使ってみましたよ♪

ブランデーをきかせたちょっと大人なパウンドケーキに

ホワイトチョコでちょこがけをしています。







a0206588_20495695.jpg


上にのせてるのは先日、

メゾン ロミ ユニで買ってきたいちごとフランボワーズのコンフィチュール。

いちごだけじゃなく、フランボワーズも入ってるから

甘酸っぱさがたまりませんっ♥






a0206588_20585855.jpg


パウンドケーキの型に使ったのは

シリコン型付き!かわいいお菓子ブック♪







a0206588_217613.jpg


とってもかわいいシリコン型が6個ついてるムック本なんです^^

型の種類はハート、ローズ、クグロフの3種類です♪






a0206588_2122764.jpg


かわいいレシピ本も付いていて

プチケーキにクッキー、プリンやゼリーなど

このシリコン型に合わせたレシピが30品紹介されています^^

この型で作ると、とってもかわいいお菓子ができるのでお気に入り♥

いつかこれでカヌレを作ってみたいなー^^







a0206588_21443548.jpg


今回、はじめてちょこがけとゆうものに挑戦したのですが・・・

これがむずかし~~~(*>ω<*)

こう、うまい具合にとろーりと、たれてくれなくて。。。しゅん。。。

湯せんも、正しい温度や溶かす手順があって

チョコレイトがとっても繊細なスイーツだとゆうことを

実感しました^^;


~チョコレイトの不思議なおはなし~

たまたま昨日見ていた「奇跡の地球物語~近未来創造サイエンス」とゆう番組が

バレンタインシーズンなのもあってか、チョコレートのお話でした^^

ショコラティエといえば「テンパリング」。

チョコレートを温めたり冷やしたりしながら

チョコレートにとってのベストな温度に調節していく作業なのです。

正確には、チョコレートの中のカカオバターの結晶体をベストな温度にするのですが

カカオバターの結晶体は6種類あって、それぞれ融点(溶ける温度)が違うのだそう。

一番ベストなのは「融点32度の結晶体」たち。

この温度は手の温度よりもちょっぴり高くて、

口の中の温度よりもちょっぴり低い。

つまり、手で触っても解けないけれど、口に入れるととろけていく

極上チョコレートができあがるんですね^^

一流のショコラティエが作るチョコレートは

そんな「融点32度の結晶体」たちだけで作られたチョコレートなんだそうです。

すごいですね~~!!

昔の人は、どうやってそのことを知ったのかも不思議だし。

手でさわっても溶けないのに、口の中ではとろけていくのも不思議。

なんだかチョコレートがとっても奇跡的なスイーツに思えて

感動したのでした(*^^*)






よかったらポチしていただけたらうれしいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
遊びにきてくれてありがとうございマス(*´ェ`*)

[PR]
by oshirukomoe | 2012-02-13 10:20 | スイーツ |
<< メゾン ロミ ユニ のスコーン♪ PageTop メゾン ロミ ユニ >>
Lace Line Skin by Sun&Moon